スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

團の終電

今日は久しぶりにイオンモールの大会に行ってきました。

一回戦目、ラハール
レベル0から事故が激しくアルフでアタックしなければならない事態。
しかもレベル1を経験することなくレベル2へ。
クライマックスのトリガー率も高くストックが溜まらんのなんのって。
とはいえまぁあれですね、相手のクライマックスを撃つタイミングが絶妙でしたね。

二回戦目、エルキュール
ん~別にうまくいってたわけじゃないんですが、アタックの絶対数が違いました。
結局相手に7点回復されましたが勝てました。

三回戦目、オタク
久しぶりにフェイトさんがパワーで押し負けましたね。
ディバインバスターが無ければ即死でした。
いえ、負けたんですが。

四回戦目、おっねえさま!
相手が盛大に事故ってました。
とはいえ後衛抱えてアタック数減らしたり最初のマリガンであまりカード交換してなかったりってのもありましたね。
場をフルハウスにして勝ちました。

五回戦目、・・・あれ?
まぁどんなデッキかは忘れましたが・・・負けましたね。

それからまぁコーヒー飲んだりカルピス飲んだり。
久しぶりでしたがやっぱりいいですね、楽しいですね。
では、公開カード。
ws_today_b315.gif
後ろのメガネマンが気になって吉田一美が見れないだと!?
黄のレベル0前衛ですね。
4500になれるニューアタッカー。
新しい域までパワーが伸びたわけですが・・・。
結構強いですが、他のデメリット持ち4000は相手に狩られないというメリットがありむしろレベル0圈ではそれが大事だったりもします。
では、次。
vgd_today58.jpg
ユニット設定
ノヴァグラップラーの中ではかなり新参のバトロイド・ファイター。
機体もパイロットもまだまだ未熟だが、持ち前の根性と、仲間たちとの友情パワーで勝利を目指す。
汎用な機体ゆえにカスタマイズしやすく、これを主軸にしたカスタム機も複数存在する。

覚醒トリガーのユニット。
使い方はご存知、ファーストヴァンガードをトリガーユニットにすることでデッキ枠を開けることが出来ます。
また、ブースト時の効果を利用することで引いたトリガーをデッキに戻すことも出来ます。
気をつけていただきたいのは最初のライドで維持でもノヴァグラップラーを出さないといけないところ。
他のハイブリットデッキだといがいとミスってしまう時があります。
また、トリガーが戻るからと入って場に出しすぎるとシールドが減るので注意してください。
今のところこの手の効果持ちのシールド値は10000と高いですからね。
ロザンジ・メイガスの場合はヒールですから無理矢理のでも・・・というのはわかりますが、スタンドの場合は・・・と思わなくもなです。また、ソウルプラストを使うTypeのデッキとはすこぶる相性がわるいのでごりょうしょうください。
では、今日はここまでです、ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。