スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘技、「戦闘は現場では起きてない、上が起きてると思ってるだけなんだ!」

アクシズの脅威プレイ中の團が今お世話になっている戦法?です。
地上で戦闘をしていると地形の差というのが大きな問題となってきます。
例えばどこぞの白い戦艦なんかは対空に優れていますが対地戦闘に関しては一応装備がある程度です。
それでもまだマシな方で戦闘機などに関しては地上の敵なんて知ったこっちゃねぇぜ!と言わんばかりの装備をしていたり、つまりは相手の地形によっては全く手が出せないユニットが存在するユニットがあるわけです。
そんな状況になったとき、コンピューターはどうすると思いますか?
正解は近づくだけ近づいてじっとしてるです。
しかも地図の上では戦闘をしてるわけですから増援もきません。
そんなわけですからたった一機の戦闘機が10Tを越えて戦場を支えてりします。
そんな常識ではありえないような戦闘が團の周りでは起きています。というか半ば意図的に起こしました。
潜水艦が攻めてくるとあっては戦闘機を送り、航空機が攻めて来るとあっては潜水艦を送り。
敵と戦闘を起こさせません。
「上の連中は現場でどれだけの兵士が死んでいるか数字でしか知らん!」と叫んでいる誰かさんの言葉を逆手にとった作戦です。
まぁ・・・ゲーム内の團は上の一人というかトップの人間ですが。
そんなこんなで團はオーストラリア方面に主力部隊を送って手薄になったアメリカを防衛しています。
もはや防衛と呼べるものですらありませんが・・・。
さて、本拠地の防衛を無視した主力部隊はばっちりインドを抑えました!
吾作「アフリカは!?昨日と言ってること違う!」
仕方ないんです。だってアフリカ敵いっぱいだったんですもの。
大丈夫です。これからやりますって。と言いつつ團はアフリカに20機の部隊を送り、ブログで実況したいと思います。
ええ、敵の総数が20ですよ旦那・・・。まぁ團には総数なんて関係ありません。大事なのは水中に出れる戦力と出れない戦力の数です。
ふむふむ・・・水中型2機、航空型7機ですね。航空型多っ!
予想以上です。というかやってみて気づきました。ジオンのアッザムやドダイ付きザクは連邦の戦闘機とは比べ物になりません。故に・・・ガウくらいしか航空機に対する戦闘力のない團の軍勢がピンチです。
戦場で5ターン終了(團:ジオン=20:17)
・・・OK乗り越えました。馬鹿なコンピューターです。対空性能のないゴッグを追いかけて陸に出てくるからシャアさん・・・じゃなかった、キャスバルさんのザクにやられるんだ。
・・・待て、あのシルエットはアプサラスか?いや、アプサラスだろ、てかⅢだろあれ。
團十郎、最大のピンチ・・・。
最大のピンチ終了のお知らせ。アプサラス=砲撃機、コンピューター=砲撃使わない。
アプサラス+コンピューター×サハリン=動きすらしない的。
戦場で10ターン終了(團:ジオン=16:6)てか急事態発生、手薄になってたというかほっといたジャブロー上の宇宙を占領されました。やり直します。
え?このゲームはそういうゲームですよ?まぁ、本来なら先に敵が来るか確かめてから攻略するんですけど・・・気が急いて忘れてました。
さてと・・・え?あ、はい。敵侵攻地点にエルメスとブラウ・ブロとグワジンをおくっといたんで大丈夫です。
さて二回目の10ターン目(團:ジオン=19:7)
やられたのはドダイです!
決着、(團:ジオン=19:0)
まぁ実際のところ被害は甚大なんですが・・・。このゲームザクとかだと三機で一機の扱いしたりしますからね。
つまり部隊数には出ないんですがこっちは3部隊分ぐらいは追加で被害が出ています。
思ったより損害は少なかったですが・・・さすがに一度補充しないと他の重要拠点はしんどいですね。
まぁ、そろそろドムの開発が終了するので(ええ、今までありませんでいたが何か?)それを次期主力にでも。
では、今日はここまでです。ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。